胸が大きくなりたいなら

胸が大きくなりたいならまず注目して欲しいのが「リンパ」です。

バストアップを含み、美容に興味がある方であればリンパの重要性は理解していることと思います。

リンパは身体中に張り巡らされていますが、いざリンパマッサージをしようと思っても、どこをどうしたらいいのかわからないという方がほとんどではないでしょうか。

胸が大きくなりたいなら、バストアップ効果がある部位のリンパマッサージを毎日コツコツしていきましょう。


1.バストアップ効果のあるリンパマッサージ

胸を大きくするするために重要なリンパは、鎖骨の下から脇下にかけて走っており、指で軽く押しながら擦るだけでもビリビリとした感覚がするので見つけるのもかんたんだと思います。


【やり方】
まず、左右の胸の中心位置を鎖骨の高さから胸の下部位置まで手を使ってさすります。さするといってもリンパを刺激するので撫でるような力加減では足りません。

親指の付け根部分を使って、ある程度力を入れて押し付けながらさすりましょう。

次に乳房の下の付け根部分から乳房の上部にかけて持ち上げるようにさすります。このときも、ある程度力を入れてさするようにします。

ビリビリという感覚はリンパを刺激している証拠ですが、強い痛みを感じる場合はすぐにやめてください。

最後に、胸のまわりを円を描くように、包み込むようにさすります。

右の胸をやるときは左手を胸の上部(右腕の胸の上脇)に置き、右手は右胸の下部に、胸を手のひらに乗せるようなかんじで置きます。この状態で円を描くようにさすります。



リンパを刺激すると軽い痛みを感じるのが自然ですが、強い痛みを感じるようでは力をかけすぎです。

力加減に関して文章で説明するのは難しいですが、シャンプーするときに頭皮を揉むくらいの力加減がちょうどいいと思います。


2.バストアップに効くツボ

バストアップに効くツボというのがありますが、これもリンパを刺激することでホルモンの働きを促すことによってバストアップ効果が望めるものです。

バストアップに効くツボとして「だん中」が有名です。

だん中は両胸の中心、高さは乳首の位置にあります。

さきほど紹介したマッサージ法の最初に、胸の中心を鎖骨の高さからさするというものがありましたが、要するに、このだん中を刺激しているということなのです。

鎖骨の中心、要するに身体の中心線と乳首の高さを交差したラインを刺激することがリンパマッサージに有効です。

交差する十字線を意識するようにマッサージしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ