胸のサイズアップをしたいなら

サイズアップをしたいと考えた場合、まずなにをしたら効果的だと思いますか?

バストアップと一口に言っても、美容整形といった体にメスを入れる方法、リンパ腺の流れを促進する方法、サプリメントでホルモンの働きを促進する方法、胸のお肉を寄せてボリュームアップする方法など、多種多様の方法があります。

今回は、それぞれのバストアップ法の長所・短所を解説してみました。

参考にして頂き、ご自身にあった方法をみつけていただければ幸いです^^


1.美容整形での豊胸手術

美容整形は、「幹細胞豊胸」「脂肪吸引+豊胸術」「VASER併用幹細胞豊胸」「注入系豊胸 」「バック挿入などのインプラント」と、一口に豊胸手術と言ってもこれだけの種類があります。

料金は、約50万円から100万円程度。

バストアップ効果はバツグンですが、定期的なメンテナンスが必要となり、その都度料金が発生します。

綺麗さを維持するためには必要不可欠なものですからメンテナンスは必須となります。
メンテナンスを怠ると誰が見ても豊胸手術をしたと一目瞭然ないびつな形になってしまいますから、豊胸手術は
メンテナンスありきだと思っていいでしょう。

施術にかかる料金も最初の手術に100万円かかりますが、メンテナンス毎に料金が発生しますから、
100万円払い切りではないということです。


2.サプリメントでのバストアップ

バストアップサプリメントはいろんな種類が販売されていますが、
成分にプエラリアミリフィカ(大豆成分)が含まれるサプリメントがおすすめです。

女性ホルモンにはさまざまな種類がありますが、肌のハリや胸の大きさ、肌のみずみずしさを保つ「エストロゲン」というホルモンがあります。

エストロゲンの分泌量が減少することによって肌にハリがなくなってシワができたりシミができたり、胸が垂れたりするわけです。

要するに女性らしさを保つために非常に重要なホルモンだということですね。

プエラリアミリフィカは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと成分が似ているイソフラボンが主成分となっており、代替として作用してくれます。

名前くらいは聞いたことがある方も多いと思いますが、さまざまな食品やサプリメントに配合されています。

「エンジェルアップ」というサプリメントは、このプエラリアミリフィカとプラセンタエキスが主成分となっているので、
プエラリアミリフィカを充分に補給することができますし、プラセンタエキスによる張り効果も期待できます。

サイズアップをしたいという方におすすめです!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ