おっぱいを大きくする寝方

おっぱいを大きくしたいと思った事ってありますよね。

でも難しい方法や痛いのは嫌だし…面倒な事はしたく無いし…簡単にできる方法ってないのかな?

そう思った事ある人も多いですよね。

実は寝ているだけでおっぱいが大きくなる方法があったんです!

今回はおっぱいを大きくする方法として「おっぱいを大きくする寝方」をご紹介します。


1.寝方でおっぱいが大きくも小さくもなっちゃう

大体日本人の平均睡眠時間は8時間ほどと言われています。

一日の多くを睡眠に費やしていますよね。

睡眠は非常に重要で自分自身を自己修復したり色々な事が実は行われているんです。

そんな睡眠時の寝方でおっぱいを大きくする方法があったんです。

という事は逆におっぱいが小さくなる寝方もあるんです…

寝ている時にも注意しなければいけなかったなんて思ってもみなかったですよね。

ご自分の寝方を考えながら呼んで頂けたらなと思います。


2.寝方が間違っているとせっかくの努力も…

寝方によっておっぱいが大きくも小さくもなるので、マッサージやサプリなど色々な方法で起きている時に努力をしても寝方が間違っていたらせっかくの努力が無駄に…なんて事もあります。

では、具体的にはどの様な寝方がおっぱいを小さくしてしまうんでしょうか?


1.一番おっぱいにダメな寝方はやっぱり…

一番駄目な寝方とされているのがうつ伏せでの寝方です。

これは納得できますね。

理由は当然胸が潰れてしまう事が挙げられます。

おっぱいが圧迫される事によってリンパの流れも悪くなって老廃物が溜まりやすく栄養も届きにくくなると言う悪循環が起こってしまいます。

同時に血流量もへって血行不良によるおっぱいが冷えて固くなって形もいびつになってきます。

おっぱいが圧迫される事によって呼吸も浅くなって熟睡も出来なくなってしまいます。

何だかメチャクチャ駄目な寝方だと思いますよね。

でも、うつ伏せで寝るのが楽な時ってあるんですよね。

なぜだと思いますか?

仰向けや横向きでは寝つき難い状態の時はストレスが過剰に掛かった時なんです。

身体がっストレスから守ろうとしてうつ伏せで寝るようにと指令を出しているからなんです。

ただ、うつ伏せが楽っていう物理的な要因では無く心理的な要因があったんですね。

という事は日々のストレスケアがうつ伏せで寝る事を防ぐ方法でもあるんです。

やっぱりストレスって女性の天敵ですね。


2.ブラジャーにも原因が…

寝る際にブラジャーを付けて寝ると変に補正してしまい形が悪くなると言うのは最近ではよく聞く事ですね。

しかし、ノーブラも実は駄目なんです。

ワイヤーなどでカチッと締め付けるブラジャーは寝ている際にズレたお肉も補正してしまうし締め付けられて身体が休まらないので良くないですがノーブラも支える者が何もない状態なので寝返りをうった際に支えてくれるものが何もありません。

支えられずに自由奔放に寝返りと共に暴れまわってしまうと激しい揺れによって大事なクーパー靭帯を傷つけてしまう恐れがありますしおっぱいの脂肪がどこかへいってしまいます。

ではどうすれば良いのでしょうか?

夜専用のナイトブラの着用やスポーツブラや乳パッドが付いた下着を着用する事が理想です。

最近では多くの商品が出ていますのでご自分に合った商品を観つける事ができますよ。

寝ている間におっぱいが大きくなるナイトブラなんて物もありますよ。


3.おっぱいを大きくする寝方とは

おっぱいを大きくする方法としての寝方でまず挙げられるのは仰向けで寝る方法です。

しかし、今までの寝方を急に変えるのは寝つき難く眠れない場合もありますので少しづつ変えていきさいしゅうてきに仰向けに寝れるようにする事が必要です。

無理に変えて眠れなくなっては本末転倒ですので、真づは眠れる方法でベストな方法を探りながらはじめていきましょう。

ではなぜ仰向けに寝る寝方が良いのでしょうか?

仰向けでなる事によりリンパの流れや血流の流れを阻害するものが何もないのでスムーズに栄養などが届けられます。

おっぱいへの圧迫もないので呼吸が深くなり眠りも深い眠りとなり熟睡する事が出来ます。

日々のストレスも熟睡する事により緩和するとも言われています。

こうなってくるとおっぱいは大きくなってストレスも少なくなる良い循環になってきますね。

しかし、今までうつ伏せで寝ていた人は休には仰向けは逆にストレスになりますので、横向きに寝たり場合によってはうつ伏せの代わりにおっぱいに抱き枕を当てて寝ると自分の体重でおっぱいを圧迫する事なく熟睡できますよ。

抱きまくらっておっぱいを大きくする為にあったのかもしれませんね。


4.枕もおっぱいを大きくするんは重要だった

抱きまくらがおっぱいを大きくするには重要なのは分かりましたが、普通の枕も実はおっぱいを大きくするのには重要だったんです。

枕の高さがあっていないとねむりが浅くなって熟睡できなくなるのは聞いたことありますよね。

実はそれだけでは無くて大きいおっぱいには重要な胸鎖乳突筋と言う大事な筋肉に負担をかけてしまうんです。

高いとダメなら低ければ良いの?と思うかもしれませんがどちらも良くありません。高いより低い方がまだ良いですが基本的には高くても低くても駄目でちょうど良い高さの枕を使う事が重要です。

ちょうど良い高さってどの位なの?って思いますよね。

仰向けで寝た時に頭と体が平行になる高さが理想的な高さとなります。

さらに枕の形も首の部分を支える形状が理想的で呼吸も楽になって熟睡が出来て胸鎖乳突筋にも負担が掛かりません。

自分に合った枕を使う事が重要なのは分かったけどわざわざ買いに行くのは…と言う人は家にあるバスタオルなどを丸めて紐などで固く縛って自分に合ったまくらを作ってみるのも良いですよ。


5.温める事がおっぱいを大きくする事には重要

おっぱいを大きくする方法にはおっぱいを温める事が非常に重要です。

身体やおっぱいが冷えてしまうとリンパの流れが悪くなり血流量も少なくなってしまいます。

という事は乳腺の成長が難しくなってしまいおっぱいを大きくする事を阻害する事になってしまいます。

かといって重たいお布団を何枚も着込むのも寝返がしずらくなって熟睡の妨げになってしまうので軽くて保湿性の高い羽毛布団などが理想的です。

寝つきが悪い時には暖かい飲み物を飲むと良いとされますがかえって逆効果な場合もあります。

一番良い方法は足先と手先を温める事です。

足と手の先端を温める事によりそこから体内の熱を逃がして内部の深部体温が下がり寝つきやすくなります。

吸水性のある寝間着に手足を温め保湿性のある軽い布団で仰向けに寝る事が現状ベストな寝方となります。


6.実は寝る時間帯も重要だった

ゴールデンタイムと言うのはご存知ですか?

俗に22時〜2時の間とされていて成長ホルモンや女性ホルモンが活発に分泌されると言われています。

しかしこれは日中に活動をしている人のゴールデンタイムとされていて実際には眠りについて3時間ほど経過した時間に女性ホルモンなどが活発に分泌される様です。

この為睡眠時間は出来たら6時間はとって頂きたいです。

おっぱいを大きくするには女性ホルモンが欠かせませんので睡眠時間は非常に重要です。

1つ注意して頂きたいのが、日中に眠る事がある夜型の仕事などをした場合には必ず目からの紫外線をガードして下さい。

まぶたを閉じていても人間のめは市が一線を感じる事が出来ます。

太陽が昇った際に起きる事が出来るのはこの為だとも言われてます。

遮光カーテンを使用したりアイマスクをして眠る様にして下さい。

正しい寝方を知って寝ている間におっぱいを簡単に大きくしちゃいましょう。

急激に寝方を変えるのではなく自分に合わせて徐々に理想的な寝方にしていきましょう。


おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

  • 胸を大きくして素敵な彼氏を作りたい!
  • 憧れの綺麗な谷間を作ってみんなの視線を集めたい!
  • 貧乳コンプレックスを克服して自信をつけたい!

おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

そんなアナタにオススメなのが、「おっぱいを大きくするサプリ」です。

バストアップ専用のサプリメントは、飲むだけでアナタの胸を大きく美しくすることができます♪

しかも、誰にも知られずに通販で購入できるので、こっそり胸を大きくするこができます。

このページでは、憧れの大きくて美しいふわふわおっぱいを手に入れることのできる、胸を大きくするサプリメントをランキング形式で紹介します♪



  • ベルタプエラリア


    プエラリア売上・満足度・人気度で第1位のバストアップサプリ!

    ベルタプエラリアはバストアップや美ボディを作るプエラリアの中でも、特に高品質なものを配合した女性のためのサプリメントです♪

    その効果からたくさんのカリスマモデル達も愛用しています♪


  • ハイスピード・プエラリア100

    胸を大きくするサプリならハイスピード・プエラリア100


    ananに掲載された話題の美容サプリ!

    バストアップ効果のプエラリアの中でも高品質のプエラリアだけを使用!

    わずか1ヶ月のプエラリア体験でアナタの胸はきっと見違える♪


  • レディーズプエラリア99%


    累計88誌に掲載のロングセラーサプリ!

    モデルさんや美容ライターさんに大人気のバストアップサプリ!

    高純度99%のプエラリア配合で、10年以上も売れ続けているロングセラーサプリです♪


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ