胸が大きく見える水着って知ってますか?

胸が大きく見える水着ってありますか?」
夏が近づいてくると、Q&Aサイトで毎年のように質問されます。
夏休みなどに海やスパなどに遊びに行くんだけど、小さい胸が見られちゃうから恥ずかしいということでしょうね。
毎年繰り返し質問されることなので、調べている方がこの記事に目が止まることを願ってここにまとめておきたいと思います。


1.胸が大きく見える水着とは

まず、「胸が大きく見える水着」として販売されている水着は現在のところありませんね。
大きく見せるように工夫するということになります。

・フルカップではない水着を選ぶ
胸が小さいからといって「サイズが大きめの水着を着たら大きく見えないかな?」と考えている方、それは大きな間違いです。

実サイズよりも大きな水着を着ると、逆に貧乳が目立ってしまいます。

フルカップではなく3/4カップのものを着ましょう。

実際の大きさが変わるわけではありませんが、ムッチリ感がでるのでボリュームがあるように見えます。


2.フリル付きの水着にする

胸の谷間部分や胸の前の部分にフリルが付いた水着を見たことがあると思います。

フリル付きだと胸が目立たずにフリルの分大きく見えます。


3.ホルタータイプの水着にする

紐を首の後で結ぶタイプのホルタータイプは、通常の肩にかけるタイプよりも斜め上に吊る形になります。

肩から吊るタイプは真上からから吊る形になるので谷間がつぶれてしまって貧乳に見えますが、ホルタータイプの場合は首から吊るので乳房の下部分で外側のお肉を持ち上げる効果があります。

胸を外側から内側に寄せてくれるので、谷間を作ってくれます。

より盛れるということです。


4.ヌーブラやパッドを入れる

ヌーブラやパッドを胸の下部分に入れることによって大きくみせることができます。

水着専用のパッドも販売されているので、気づかれることなく胸を大きくみせることができます。


5.胸部分を隠しちゃうバンドゥビキニ

そもそも胸の盛り上がり部分を隠しちゃうという手段もあります。

バンドゥビキニは胸部分にフリンジやフレアーなどがついているのでまったく色気はなくなってしまうかもしれませんが、
胸の小ささを気にする必要がなくなります。

しかし、あまりに大きなサイズのパッドをいれちゃうとブカブカになってしまって不自然に見えてしまいます。

パッドを入れていることがバレバレになってしまうので注意してください。

このように、胸が大きく見える水着の工夫や隠し方はいろいろあります。

夏に向けて肌の露出がだんだん増えてきますが、コンプレックスはちょっとした工夫で解消できちゃうんですよ^^

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ