お風呂タイムにバストアップをする方法まとめ

毎日のお風呂でのお手入れでもバストアップができるってご存知でしたか? だれでも簡単にできるセルフケアによって、美しく大きい胸を手に入れられるとしたら実行したいと思うものですよね。そこで今回は簡単なやり方をご紹介いたします。


1.お風呂でのバストケアが良い理由

皆さんお風呂大好きですか? 大好きなお風呂でバストアップができるとしたらうれしいと思いませんか? まずはどうしてお風呂がバストアップにいいのかをお話しします。

お風呂に入ると体が温まりますよね、体が温まる事によって血行促進ができるので、それが血流を改善してバストアップができるというのが本当のところです。

ちなみにお風呂でおっぱいを大きくする方法を実践したいのならば、シャワーではなく湯船に入るようにした方がいいですよ!

お風呂の入り方をどのようにすればバストアップにつながるのか、入浴方法についてをお話ししましょう。


2.まずは湯船で体を温める!

湯船に入る事によって体をほぐして血行を促進する事によってリラックス効果が得られますので、ストレスを和らげる事もできます。

ちなみに湯船で体を温める事によってダイエット効果を実感することも可能です! また女性ホルモンの働きを活発にする事も可能になるのです。

マッサージを行うのは半身浴で体をよく温めてからです! そうすればバストアップの効果もより確実に実践する事ができるというわけです。


3.老廃物を出すためにマッサージを!

まざうは右手で左の胸の横からさらに手を伸ばして、肩甲骨のあたりまで手を伸ばして胸の方へお肉を引き寄せるようにして指を滑らせていきます。

右胸も左と同様に左手で右胸の脇から肩甲骨の方まで手を伸ばして、右胸にかけてお肉を引き寄せるように指を滑らせていきます。

これを10回~20回くらい繰り返すだけでもバストアップ効果を得る事ができます。

もう一つは両方の手でそれぞれの胸を下から持ち上げて5秒~10秒その状態をキープして下ろします。これを10回~20回ほど繰り返しましょう。

次に両方の乳房を上下に軽くゆするように振動を与えます。これだけでも刺激を与える事ができるので、バストアップ効果を期待できます。


4.リンパの流れを改善させるマッサージ!

他にもリンパの流れが老廃物によって疎外されていると、これらのマッサージをしても効果を実感できない事もありますので、リンパマッサージもおっぱいを大きくする方法に加えるといいですね。

まずは鎖骨の上を首の下から肩にかけて指をずらして点でむすぶように押さえていきます。

肩の位置まできたら軽くマッサージして、詰まった老廃物を流しだすようにしましょう。そうする事で確実にバストアップ効果を促す事ができるはずです。


まとめ

いかがでしたか? お風呂でおっぱいを大きくする方法とはどんな方法だかわかりましたね。

意外と簡単な方法ばかりなので、できるだけ毎日お風呂に入ったらマッサージを行うといいでしょう。

ただしリンパマッサージはあまり強くしない事が重要なのと、お風呂はできるだけシャワーではなく湯船に入る事を習慣づけるといいですね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ