Fカップまでバストアップする方法はある?

胸は大きければ大きいほど良い! と考えている女性も多いですが、Fカップなんて大きさまでバストアップする方法なんてあるのでしょうか? 無い事はありませんが、一筋縄ではいきません! そのやり方などを簡単にお話しいたします。


1.生活習慣と食生活の改善が第一!

なんといっても女性ホルモンの分泌のバランスが悪いとどうにもなりませんので、早寝早起きはもちろん食生活の改善を行う事も必要でしょう。

食生活では良質なたんぱく質や大豆イソフラボンなどを含んだ食品を食べるといいですね。

そして成長ホルモンの分泌のためにも、22時~2時までの間は眠っている事が理想です!


2.適度な運動とストレッチをする!

おっぱいを大きくする方法の中に必ず登場するのがストレッチや有酸素運動などですが、これらの運動をする事によって大胸筋が鍛えられて土台を作るのです。

有酸素運動は体脂肪率を20%以上にキープするための食事を消化するために必要で、太りすぎを防いでFカップへのバストアップを助けます。

腕立て伏せをする人は胸が大きくなるというのも、実は大胸筋を鍛えて肩甲骨のストレッチができるからです! 確実におっぱいを大きくする方法なので、毎日続けたいですね。


3.バストアップ効果の下着をつける!

せっかくバストアップを頑張っていても、野放しの状態だったり下着の選び方を間違ったりすると、形が崩れてしまって台無しです。

自分の本当のバストのサイズを知って、専用のブラを身に着ける事が重要になります。

眠る時もできればバストアップ効果のある下着を付けて寝るといいですね。これは背中や脇胸に脂肪が流れていくのを防ぐためです。

つけ方もしっかりとマスターしましょう! おっぱいを大きくする方法の中でも特に気を付けたい部分ですよ!


4.美容外科・エステ・サプリを使う

いきなりFカップにするのはさすがに難しいでしょう。なのでエステのバストアップを利用したり、美容外科を併用するのもいいでしょう。

エステの場合はメスを使わずに少しずつ時間をかけてバストアップをしますが、美容外科の場合はメスを使う事もあれば、注射で済むものもあります。

費用もかかる事なので、自分で計画的に最適な方法で利用するといいですね。理想的な大きさにするには併用する事をおすすめします。

サプリメントについてですが、サプリメントも選び方や使い方によっては副作用が出るという話もありますので、用法・用量をしっかりと守ってお使いになるといいですね。


まとめ

いかがでしたか? 今回はFカップにバストアップする方法はあるのかについてを、簡単ではありましたがお話しいたしました。

確かにできない事ではありませんが、確実に短期間で実現したい場合には、美容外科やエステなどプロの手を借りる選択をすべきであるとも言えます。

どの方法でバストアップをするかについては、自分の状況と相談しながら行うといいですよ!


おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

  • 胸を大きくして素敵な彼氏を作りたい!
  • 憧れの綺麗な谷間を作ってみんなの視線を集めたい!
  • 貧乳コンプレックスを克服して自信をつけたい!

おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

そんなアナタにオススメなのが、「おっぱいを大きくするサプリ」です。

バストアップ専用のサプリメントは、飲むだけでアナタの胸を大きく美しくすることができます♪

しかも、誰にも知られずに通販で購入できるので、こっそり胸を大きくするこができます。

このページでは、憧れの大きくて美しいふわふわおっぱいを手に入れることのできる、胸を大きくするサプリメントをランキング形式で紹介します♪



  • ベルタプエラリア


    プエラリア売上・満足度・人気度で第1位のバストアップサプリ!

    ベルタプエラリアはバストアップや美ボディを作るプエラリアの中でも、特に高品質なものを配合した女性のためのサプリメントです♪

    その効果からたくさんのカリスマモデル達も愛用しています♪


  • ハイスピード・プエラリア100

    胸を大きくするサプリならハイスピード・プエラリア100


    ananに掲載された話題の美容サプリ!

    バストアップ効果のプエラリアの中でも高品質のプエラリアだけを使用!

    わずか1ヶ月のプエラリア体験でアナタの胸はきっと見違える♪


  • レディーズプエラリア99%


    累計88誌に掲載のロングセラーサプリ!

    モデルさんや美容ライターさんに大人気のバストアップサプリ!

    高純度99%のプエラリア配合で、10年以上も売れ続けているロングセラーサプリです♪


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ