手っ取り早くバストアップするなら太るのが一番?

バストアップするためにはやっぱり太る方がいいのか悩むところですよね。確かに理にかなっていますが、どんな方法で太ればいいのかや、理想的な方法がわかれば実践しやすくなりますよね。そこで本当はどうなのかについてを調べてみる事にしました。


1.太ると胸も大きくなるのかな?

確かに痩せている人の胸は貧弱で、失礼な話Aカップもないのでは? と思う人もたくさんいますよね。

逆に太っている人の多くは、やはり胸元にお肉があるのでふくよかで女性らしいフォルムのように感じるものです。

だったら太った方がいいじゃない? と思うかもしれませんが、ただの肥満体系になるのなら胸を大きくできる太り方をしたいと思いますよね。

そういう意味では太る事でバストアップはできる! でも美しくというと難しくなるというのが本音です。


2.大きい胸の条件は脂肪がある事!

確かにがりがりに痩せていては、おっぱいを大きくする方法を実践するのなんて無理に決まっています! なぜならば胸の中身は脂肪だからです。

乳腺というのもありますが、脂肪があるのと無いのとでは雲泥の差があるものなので、確かにある程度脂肪があった方が胸を大きくしやすいと言えるでしょう。

ただしただ脂肪が多いだけでは肥満体系! 上手に太るおっぱいを大きくする方法を実践していきましょう。


3.理想的な体脂肪率は20%以上!

まずバストアップに必要な体脂肪について調べてみると、理想的な体脂肪率は20%以上だという事がわかったので、最低でも20%の体脂肪率が必要となります。

その理由はなぜかというと、それ以下の体脂肪率だと女性ホルモンのバランスが悪くなってしまうため、バストアップに必要なホルモンの分泌ができず、結果として胸が小さくなるのです。

体重もしくは体脂肪率を増やすために体脂肪計を使って、できれば20%以上の体脂肪率を目指して生活改善を行うといいでしょう。


4.叙せホルモンの分泌を助けつつ太る!

太ればバストアップができると簡単に言われても、痩せている人によって太る事は至難の業! そこで運動と良質なたんぱく質を摂る事をおすすめします。

適度に運動をした後で吸収率の高いプロテインなどを利用してみてもいいようです。多くの女性が有酸素運動とプロテインを使うおっぱいを大きくする方法を成功させています!

ウォーキングはもちろんですがストレッチや筋力アップ運動を取り入れてみてもいいですね。


まとめ

いかがだったでしょうか? 痩せている人がバストアップをするのは大変という事がわかりましたが、かといってただ太るだけでもいけないという事がわかりましたね。

そして体脂肪率の事も考えながら、日々運動をしたり食事をしたりするといいという事もわかりました。

こうしたバストアップの方法というのは人が言うほど簡単ではないかもしれませんが、続けていけば少しずつバストアップができるでしょう。

何事もバランスよくが一番ですので、あまり太りすぎないようにする方がいいのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ