無理なバスとアップアは身体に危険!?

おっぱいを大きくする方法をはき違えてしまい、結果的に無理なバストアップをしている方が年々増加している傾向にあることをご存知でしょうか?

無理なバストアップとは、どのような特徴があり、またどうしておっぱいを大きくする方法のはずが無駄な結果もしくは身体に負荷が掛かってしまっているのか…。


1.無理なバストアップの具体例

そもそも”無理なバストアップ”とは、具体的にどのようなことなのか、いまいちピンとこない方も多いかと思います。

まず無理なバストアップというものは、【無謀なスケジュールの中でおっぱいを大きくする方法を乱用している】、【力まかせに強引なマッサージをする】、【根拠もないのにバストアップ術だと思い込んで実践している】という3点がよく取り上げられます。

最初の無謀なスケジュールの中でおっぱいを大きくする方法を乱用していることについてですが、これはバストアップの知識が頭の中にある方はすぐにわかるはずです。

バストアップというものは、日々の努力の積み重ねが結果となるものです。

たった数日で結果に繋がるバストアップマッサージなどもありますが、これも日々の生活の中で取り入れて持続しなければ、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

そのため「1日で5カップ大きくする」などと、無理なバストアップ計画を立てることは御法度行為だと思って良いでしょう。

また力まかせに強引なマッサージをすることは、クーパー靭帯を傷つけてしまったりバストを傷めてしまう原因になります。

傷ついてしまったバストは、残念な事に再生ができず自力で元の状態に戻す事ができない状況になる可能性もあります。

垂れやだらしないバストに見えてしまう可能性もあるので、正しい力量でマッサージを行うことをおすすめします。

そして最後に、よくありがちなことが根拠もないのにバストアップ術だと思い込み実践をしてしまうというものです。

やはり正しい知識を身につけて実行することが、バストアップを無理なくこなすポイントに繋がります。

しっかりと知識を身につけてバストアップを行うようにしましょう。


2.無理は避けるが一番

­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­自分の中でバストアップを継続するためにも、無理なことは避けて行うのが一番です。

そうすることで、正しいおっぱいを大きくする方法を実践する事ができ、飽きずに毎日続けることも可能となります。

無理を避けて毎日正しいバストアップを行うようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ