バストアップ注射の落とし穴

時間が必要となるバストアップを大金と引き換えに注射などの施術方法で、簡単におっぱいを大きくする方法である美容外科によくある施術ですが、これには実は落とし穴が存在しています。

どのような落とし穴なのか、美容外科で施されているバストアップ注射の真相について、お話をしたいと思います。


1. バストアップ注射の種類と落とし穴

とても簡単におっぱいを大きくする方法である、バストアップ注射は主に日本で可能とされているのが「ノーメスで出来る豊胸手術」と謡われている方法と、身体の余分な脂肪を注入する脂肪注入という方法です。

まずノーメスで出来る豊胸手術に関してですが、ヒアルロン酸やボトックスなど、人工的に作られた液体をバストアップ目的でおっぱいに注射を使って注入する方法です。

1ccが2万円から10万円程度の相場であるヒアルロン酸やボトックスは、かなりの量が必要となるため、大金を支払わなければ完璧なバストアップをすることは不可能となっています。

またヒアルロン酸やボトックス注射の場合、豊胸手術のように身体の中にシリコンバックを注入して、バストを保つものでは、ありません。

身体に害がないとされている液体であり、大体初めての注入であれば半年から1年間程度で全て身体の中に溶けてしまいます。

結果的に、全て身体の中に分泌されてしまうため、大金を出したのに、たった数ヶ月で全て元通りになるということなのです。

そして一度ヒアルロン酸やボトックスを注入している身体は、分解液を入れなければ、身体の中から人工的にいれられた液体は全て消える事がない場合があります。

そうなってしまった時に、何かしらの異常や液体が劣化、体内で異常変異する可能性があります。

こうなってしまった場合には、余計にさらにお金が必要となると覚えておかなければいけません。

たった1日の数時間で当日にすぐにバストアップができる注射の方法ですが、このようなデメリットがあることを覚えておくことをおすすめします。


2.恐怖の脂肪注入法

また脂肪注入の場合、脂肪吸引が必要となるため、足やお腹から脂肪を抜き出し、胸へと脂肪を移植させます。

そのためダウンタイムが2週間から1ヶ月必要となり、時間がかかる上に痛みも脂肪吸引をしているので、注射での施術とは比較できない程に痛いと言われています。

金額も100万前後の相場と言われており、この施術方法も残念なことに脂肪を注入しているので、脂肪は身体に溶けてしまい結果的には全て元通りになると言われています。

そして脂肪吸引での事故は、耐えないものです。

最悪の場合、死亡事故に発展する可能性もある非常に恐ろしいものとなっています。

これらの方法をまとめてみると、バストアップのために注射を使って何か施術を受ける事は、身体への負担があり、お金も一時的な時間や痛みも必要となるのに、短い間しかバストを手に入れる事ができないものとなっています。


おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

  • 胸を大きくして素敵な彼氏を作りたい!
  • 憧れの綺麗な谷間を作ってみんなの視線を集めたい!
  • 貧乳コンプレックスを克服して自信をつけたい!

おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

そんなアナタにオススメなのが、「おっぱいを大きくするサプリ」です。

バストアップ専用のサプリメントは、飲むだけでアナタの胸を大きく美しくすることができます♪

しかも、誰にも知られずに通販で購入できるので、こっそり胸を大きくするこができます。

このページでは、憧れの大きくて美しいふわふわおっぱいを手に入れることのできる、胸を大きくするサプリメントをランキング形式で紹介します♪



  • ベルタプエラリア


    プエラリア売上・満足度・人気度で第1位のバストアップサプリ!

    ベルタプエラリアはバストアップや美ボディを作るプエラリアの中でも、特に高品質なものを配合した女性のためのサプリメントです♪

    その効果からたくさんのカリスマモデル達も愛用しています♪


  • ハイスピード・プエラリア100

    胸を大きくするサプリならハイスピード・プエラリア100


    ananに掲載された話題の美容サプリ!

    バストアップ効果のプエラリアの中でも高品質のプエラリアだけを使用!

    わずか1ヶ月のプエラリア体験でアナタの胸はきっと見違える♪


  • レディーズプエラリア99%


    累計88誌に掲載のロングセラーサプリ!

    モデルさんや美容ライターさんに大人気のバストアップサプリ!

    高純度99%のプエラリア配合で、10年以上も売れ続けているロングセラーサプリです♪


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ