医薬品でバストアップ! 本当に大丈夫?

バストアップできる医薬品があったらぜひ試してみたい! そう考えている方も意外と多いのではないでしょうか? でもどんなものがどんな効果を発揮してくれるのかがわからない! だいたい日本で手に入るの? などの疑問をまとめてみました。


1.医薬品でバストアップできる?

サプリメントだといまいち効き目に疑問がある、今までサプリメントを使ったおっぱいを大きくする方法を試してみたけれど、なかなか効果を実感できなかったという方もいますよね。

でも医薬品でバストアップ効果が期待できるものがあったら、ぜひ試してみたいと思ったりする方もいるでしょう。

確かに医薬品でバストアップ効果のあるものもありますが、どんなものがあるのか知らないという方も多いはずです。

そこでバストアップする効果があると言われている医薬品とその効果をご紹介いたします。


2.プエラリアミリフィカとダミアナ

プエラリアミリフィカはおっぱいを大きくする方法を探している方なら、きっと誰もが知っている成分だと思うのですが、実は医薬品としても有名な成分なのです。

また、ダミアナもサプリメントに配合されている成分ですが、これも実は医薬品として販売されていたりもするようなのです。

その効果ですが、女性ホルモンと同じような働きを持っている成分で、女性ホルモンのバランスを整える働きを持っている成分です。

ただし、ダミアナの場合は効果を実感できる人とできない人がいるので、効き目が感じられない場合には別のおっぱいを大きくする方法も実践するといいですね。


3.ギャバとワイルドヤム

ギャバというと男性の精力剤みたいなイメージがありますが、実は女性にとってもありがたい成分だったりするのを知っていましたか?

ギャバには血流を改善して代謝力をアップしてくれるという働きがあるのです! 寝る前に飲んでマッサージやストレッチを行うおっぱいを大きくする方法と併用するといいですね。

ワイルドヤムはバストアップ効果が期待できるという成分の一つで、ホルモンの分泌を促す働きがあるので、ホルモンバランスが崩れているという方には最適でしょう。


4.ブラックホシュとノコギリヤシとマカ

あまり聞いた事がないかもしれませんが、ブラックホシュというのはタンニンやイソフラボンといった成分を多く含んでいます。

つまりエストロゲンと同じような働きがあると言われているのです。

ノコギリヤシというとおしっこの問題を解決するイメージがありますが、実は男性ホルモンが多い人には最適な成分なのです!

男性ホルモンの分泌を抑える働きがあり、乳腺の発達を促してくれるというありがたい成分だったりするのです!

これらの成分は医薬品として購入する事が可能ですが、中には輸入しなくてはならないものが多いのも事実です。

個人輸入やインポートマートなどを活用してみてもいいですね。


まとめ

いかがだったでしょうか? 医薬品を活用したおっぱいを大きくする方法についての疑問が解決されたでしょうか?

どんなものでもいいというのではなく、自分の体質に合ったものを選べるようにするといいですね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ