自分にあったバストアップのやり方を決める方法

数多く存在しているバストアップのやり方やおっぱいを大きくする方法は、人生で一度もバストアップの経験がない方やこれから挑戦を検討している方にとって、どれが良いのかメニューを選別して決めることが難しいものとなっています。

そこで確実に自分にあったバストアップのやり方を選別するための方法を紹介したいと思います。


1.自分の体を見つめ直す

バストアップのやり方を考える時に、まずいろいろなおっぱいを大きくする方法や知識を身につけようと情報を調べこむかと思います。

その中で自分に見合っていると思うバストアップの方法を選別することも良いのですが、それでは確実にバストを大きくすることができるかは、微妙なところなのです。

確実に大きなバストを手に入れいた場合には、自分の体質や生活を見直すことが大切です。

まずは睡眠時間や生活リズムを確認してみましょう。

大体何時ころに寝る、お風呂に入る大まかな時間、どういった時間に食事を摂るのか、何時ころから何時ころまで空き時間として自分の自由な時間を過ごすのか…全てを考えてみることが大切です。

ぱっと思い浮かばない場合は、自分の24時間の生活を紙に書いてみたりすることも良いです。

どのような過ごし方をしているのかによって、自分の体に適したおっぱいを大きくする方法は異なるのです。

と、いうのも生活リズムによってバストの成長や女性ホルモンの分泌量を考えて、バストアップのやり方のメニューを考えることが最も効率の良い手法となります。

そのため、夜型の生活なのか昼型の生活なのかをみることはもちろん、食事のタイミングが遅い時間が多いのかなど…細かい生活リズムを見直してみましょう。


2.昼と夜でやり方を変更

生活リズムを見直したら、次はいよいよ自分にあったバストアップのやり方や実践するおっぱいを大きくする方法を考えてみることが大切です。

もし早い時間帯から生活を送っている場合には、自分が夜の時間になるべく豆乳などの栄養を取りながら、サプリメントも摂る生活にすることをおすすめします。

早い時間から生活をしている方は、就寝する時間帯も比較的早い12時よりも前の時間が多いのです。

睡眠時間が長い、就寝する時間帯が早い場合、栄養を吸収することができる夜の睡眠中の時間が長いので、ホルモンの分泌もより多くすることが期待できます。

そのため栄養類は夜に多く摂ることをおすすめします。

また逆に遅い時間帯の行動が多い方はなるべく、体の凝りを促進させるためのマッサージを多く行うことができるようにしましょう。

遅い時間帯の行動が多いと、どうしてもストレスや体の凝りが発生しやすい体質になってしまい血流が悪くなってしまったり、栄養が体中に行き届かない可能性があります。

しっかりと凝りをほぐし、リンパを流す…これを生活リズムの中に取り入れて毎日行う癖をつけましょう。

そして両方の生活リズムの方に共通していえるのが、どちらもしっかりとリラックスをすることです。

毎日の生活に追われていると、どうしてもストレスが知らない間に蓄積されてしまいます。

ストレスというものは、バストアップのやり方を邪魔する最大の敵です。

この敵に勝つためにも、必ずストレスを発散させるための行動を行うようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ