胸を大きくする方法〜豊胸手術編

胸を大きくする方法には、整形外科にて豊胸手術する事が手っ取り速いが豊胸手術料が何といっても掛かります。

豊胸手術には現在主に手術されいている方法が4種類の方法があります。

「シリコンバック挿入法」従来から有る手術法ですが、サイズ等もバックサイズによって希望のバストサイズにする事ができますが、見た目上は何も遜色は有りませんが、男性が触ったときにバストアップの豊胸手術をして有る事がベコベコとした感覚と硬い遺物感がありシリコンバックを入れていると直ぐにばれてしまいます。 

「ヒアルロンサン注入法」この手術方式をされる整形外科は多く、上手くヒアルロン酸が吸収されれば、良いのですが吸収されなかったヒアルロンは塊となりしこりの様になりますから、男性が触るとこりりとしたしこりが気になるケースが多いです。

「血小板注入法」はご自身の血を採血し遠心分離機にかけて血小板成分を分離させて、その成分のジェル状のものを注入します。

バストにきれいに吸収され自然な豊胸をする事ができますが、バストアップしている持続期間が個人差が有りますが、3か月から1年と保持期間が短く定期的に注入手術が必要となります。

男性からは豊胸手術していることはばれません。

「脂肪注入法」ご自身の体内脂肪を吸引にて抜いた脂肪を豊胸手術材として注入する手術で豊胸手術としては一番良いです。

バストのさわった感覚は一番自然で、違和感も遺物の後遺症も無く柔らかく丸みのあるバストに作り変えます。持続期間はずっと有ります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ