胸を大きくする運動で弾力のあるバストを手に入れる!

胸を大きくする運動は大胸筋とクーパー靭帯を鍛える事で女性ホルモンの分泌が活性化されバストトップ出来ます。

床に手と膝をついて四つんばいの姿勢になり膝を揃えて、床についた両手の幅を肩幅位にします。

その姿勢をキープしながらあごを床に付けるように意識して体を倒して腕立て伏せををゆっくやりましょう、しっかりとした呼吸をし、使っている筋肉を意識しながらやると効果的です。10回位繰り返し少し身体を休ませ、10回の腕立て伏せを3セット毎日して下さい。

胸の前で両手を合わせます。ヨガなどでやるような姿勢をイメージします。そうして両手の手のひらにに力をこめ、お互いの手のひらを押し合ってください。これを10秒間行います。

両手を押すときはゆっくり呼吸をし、呼吸をしっかりすることで使っていたい胸筋とクーパー靭帯が鍛えられ、これを一日3セットやります。必要以上に回数時間を増やしても効果はあまり変わりません。

胸を大きくする運動はボディビルとは違いますから、必要以上な無理をしない程度の筋肉の刺激を与えることが大切です。

それから、姿勢は猫背にならないように胸を張った姿勢をいつもとる様にして下さい。猫背に姿勢がなっていると大胸筋とクーパー靭帯が緩んだ状態となり、乳房が垂れてきてしまいますから幾ら乳房の大きさを大きくしてもその分重たくなりますから胸おおきくする運動を続けましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ