バストアップとホルモンの関係についてまとめ

バストアップにホルモンはどのように関係しているのでしょうか? 胸を少しでも大きくしたいと思っているのならば、まずは基本的な事を知らなくてはならないでしょう。実は知らないと損をすると言っても言い過ぎてはいない関係があったのです!


1.バストアップに関係しているのが女性ホルモン

よくバストアップというとホルモンが関係していると言いますが、これまでおっぱいを大きくする方法をいろいろと実践している人の中には、何をやっても効果がいまいちだったという方もおられるはずです。

実はそれもこれもホルモンが関係していたからなのです!

例えばちっとも胸が大きく成長しないという悩みを持っている人の中には、ホルモンのバランスが崩れていたからという理由で大きくならなかった人もいるのです。

女性の胸を大きくするのに、実は女性ホルモンというものが関係していて、このホルモンが思春期を迎えると胸を大きくしていたのです。

問題なければ普通に大きくなるのに、胸が成長できない理由をご紹介しましょう。


2.あまりにも痩せすぎている

女性の体は思春期を迎えるといつでも出産ができるように、丸みを帯びた体つきになっていくものなのですが、何等かの理由によって子供の頃の体形そのままに成長する人がいます。

つまり痩せすぎている女性という事になるのですが、痩せすぎている体質の方の中には、女性ホルモンの分泌があまりよくない人も含まれています。

女性ホルモンのバランスが悪いと、全体的に脂肪がつきにくいため、いくらおっぱいを大きくする方法を試しても大きくならない事が多いのです。


3.サプリメントの飲み方が悪い

よくおっぱいを大きくする方法として、サプリメントを活用するという方法がありますが、実はサプリメントを飲んでいてバランスを崩す人もいらっしゃいます。

サプリメントには女性ホルモンと同じ働きをする成分があって、欲張って飲みすぎるとホルモン過多になってしまい、バランスを崩してしまうわけです。

その状態を続けていると、バストアップどころか重大な病気になってしまう事もあるので、サプリメントは用法・用量を守って飲むようにしましょう! そうすれば大丈夫です!


4.女性ホルモンの働きについて

女性ホルモンとはどういうものなのかを簡単に説明すると、エストロゲンというホルモンとプロゲステンというホルモンが分泌されています。

エストロゲンはバストアップをする効果や肌のハリや艶にも関係しているホルモンで、プロゲステンは乳腺の発達には欠かすことができないホルモンです。

これらのホルモンの分泌がしっかりとできていれば、胸は自然と大きくなるというわけなのです!

これらのホルモンのバランスを保つには、ストレスや疲れや栄養バランスがとても重要になり、睡眠をたっぷりととるのも重要なポイントなのです。


まとめ

いかがだったでしょうか? 今回は女性ホルモンの働きとバストアップについての関係をご紹介いたしました。

バランスを崩さない事が重要ですが、中には治療を必要とするケースもあるので、まずは専門医に相談をしながらおっぱいを大きくする方法を試してみるといいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ