エクササイズでバストアップする! その効果は?

エクササイズでバストアップをしたい! できるだけ自然な形で胸を大きくしたいと考えている方がとても多いようです。確かに副作用がないですし健康的に胸を大きくする事ができるのでメリットは高いです! どんな方法があるのかを簡単に説明します。


1.腕・背中・脇胸を鍛えるといい!

おっぱいを大きくする方法を実践する事で、バストアップ以外にも恩恵を受ける場所があります。

それは腕や背中そして脇胸がすっきりするという事です! まずは胸筋を鍛えてバストアップして、腕や背中を鍛えてバストの正確な位置をキープします。

これらのエクササイズの多くは腕や背中を使うのですが、誰にでも簡単にできる方法ばかりなので、ぜひ毎日の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。


2.大胸筋を鍛えてバストアップ!

まずは大胸筋を鍛えてバストアップをします! 腕立て伏せの要領で大胸筋を鍛えていくのですが、まずは床にハイハイするように両手両ひざをつきます。

次に膝はそのままの状態で、顎を床につけるように腕立て伏せの要領でゆっくりと息を吐きながら(顎を)おろします。

息を吸いながら腕を伸ばして元の位置に戻ります。15回を一セットとして2回続けて行うとバストアップができます!


3.腕の閉じ開きでバストアップ

観音開きの要領で腕を肩の位置に上げて肘を曲げます。両肘は90度曲げて息を吐きながら顔の前にゆっくりと持っていきます。

この時両肘をくっつけるように意識しながらエクササイズを行うといいでしょう。こちらも15回を一セットとして2回行うといいでしょう。

大胸筋が鍛えられますし、背中や肩の脂肪もすっきりとしてきます! さらに肩甲骨の周辺を動かす事によって、代謝がアップするのでダイエットにも効果を発揮してくれます。

もう一つはお願いのポーズのエクササイズです。両方の手のひらを合わせて、肘を胸の位置まで上げた状態でゆっくりと息を吐きながら合わせた手に力を入れます。

胸の形を維持するのに必要な筋肉を鍛えるエクササイズです!これも立派なおっぱいを大きくする方法の一つなのです。


4.肩甲骨をほぐすのも忘れずに!

最後に、肩甲骨をほぐすためのエクササイズをご紹介しましょう。このエクササイズを行う事で、肩甲骨が柔らかくなるので、とってもおすすめです。

まず床にあおむけになり膝を立てた状態になり、両手はお尻のあたりで組んだ状態にし、腰を浮かせて左右に体を揺らしていきます。

このエクササイズは肩甲骨の稼働領域を広くする事ができ、エクササイズをすればするほど肩甲骨周りが柔らかくなっていくのです。


まとめ

いかがでしたか? エクササイズでおっぱいを大きくする方法は、実に健康的だという事がわかりましたよね。

しかも誰にでもできるほど簡単なエクササイズばかりなので、毎日取り入れてみても損をする事はありません! ぜひ健康維持と美容のために頑張ってみてください。


おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

  • 胸を大きくして素敵な彼氏を作りたい!
  • 憧れの綺麗な谷間を作ってみんなの視線を集めたい!
  • 貧乳コンプレックスを克服して自信をつけたい!

おっぱいを大きくするサプリ人気ランキング

そんなアナタにオススメなのが、「おっぱいを大きくするサプリ」です。

バストアップ専用のサプリメントは、飲むだけでアナタの胸を大きく美しくすることができます♪

しかも、誰にも知られずに通販で購入できるので、こっそり胸を大きくするこができます。

このページでは、憧れの大きくて美しいふわふわおっぱいを手に入れることのできる、胸を大きくするサプリメントをランキング形式で紹介します♪



  • ベルタプエラリア


    プエラリア売上・満足度・人気度で第1位のバストアップサプリ!

    ベルタプエラリアはバストアップや美ボディを作るプエラリアの中でも、特に高品質なものを配合した女性のためのサプリメントです♪

    その効果からたくさんのカリスマモデル達も愛用しています♪


  • ハイスピード・プエラリア100

    胸を大きくするサプリならハイスピード・プエラリア100


    ananに掲載された話題の美容サプリ!

    バストアップ効果のプエラリアの中でも高品質のプエラリアだけを使用!

    わずか1ヶ月のプエラリア体験でアナタの胸はきっと見違える♪


  • レディーズプエラリア99%


    累計88誌に掲載のロングセラーサプリ!

    モデルさんや美容ライターさんに大人気のバストアップサプリ!

    高純度99%のプエラリア配合で、10年以上も売れ続けているロングセラーサプリです♪


コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ