果たしてマッサージでバストアップができるのか?

マッサージでバストアップができるというのは口コミでも評判ですが、実際にどのくらいで胸を大きくする事ができるのか? どの方法が一番早く胸を大きくできるのかなど、わかりにくい事をピックアップしてみました! 参考になれば幸いです。


1.バストアップとマッサージの関係

バストアップをする目的で検索をすると、マッサージという言葉がたくさん出てくると思うのですがいかがでしょうか?

実はそれにはちゃんとした根拠があって、胸をマッサージする事によって血行不良を改善して、リンパの流れを改善する事ができるのです。

すると、当然ですが胸全体に栄養が流れていき、老廃物を排出する事ができるようになりますので、胸がその分育成できるという事になるわけです。

つまり胸のマッサージはおっぱいを大きくする方法の一つであるという事になるのです。


2.まずは胸の仕組みを知っておこう!

なぜおっぱいを大きくする方法の中にマッサージがあるのかというと、それは胸の構造にも関係があります。

女性の胸の構造は、まず大胸筋という筋肉があって、それが土台となって胸を作っています! 大胸筋の上にはクーパー靭帯というものがあって、皮膚と脂肪や乳腺をつないでいます。

その上に脂肪と乳腺があって、皮膚があって女性の胸を作っているのです。

だから大胸筋を来る事も重要ですが、乳腺を増やすという事もとても重要になってくるわけです!


3.力を入れてクーパー靭帯を伸ばさない事!

バストアップのためのマッサージを行う時には注意しなくてはならない事もあります! それは強くマッサージをしてクーパー靭帯を傷つけてはいけないという事!

おっぱいを大きくする方法でマッサージというと、なんとなく強い力でマッサージをすれば、より大きくなるようなイメージがあるかもしれませんが、それは逆効果なので絶対にしてはいけません。

マッサージはやさしく行います! 肌に負担をかけないようにするために、バストアップクリームやジェルを使ってもいいですね。


4.正しいマッサージの方法

肌への余計な摩擦を防ぐためにも、マッサージによるおっぱいを大きくする方法を行う時にはクリームやジェルなどを使った方がいいでしょう。

適量のジェルやクリームを塗って、まずは胸の外側から内側にかけて、大きく円を描くようにマッサージをしていきます。

右手で左胸の外側の背中からゆっくりと胸の方にお肉を寄せるようなイメージでお肉を寄せていきます。終わったら反対も同じように行いましょう。

ゆっくりと呼吸をしながらマッサージを10回以上繰り返し、これをできれば入浴後から眠る前くらいまでに行うといいですね。


まとめ

いかがだったでしょうか? 今回はマッサージで行うバストアップの方法や、その効果についてを簡単に説明いたしました。

マッサージを行う事によって、バストアップができるというのもわかりましたが、あまり強くしてはいけないという事も頭に入れておくといいですね。

そしてマッサージを行う時には、専用のバストアップジェルやクリームを使って、刺激をできるだけ抑えるようにする事も忘れないようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ