乳腺の発達と年齢の関係性

乳腺の発達は年齢が強く関係していると言われていますが、確かに乳腺が発達する年齢というのはあるものです。

例えば早い子ならば小学生の高学年くらいに胸のしこりや痛みを感じたりした方もいる通り、いわゆる思春期と言われる年齢がもっとも乳腺が発達しやすい時期であると言えるのです。


1.乳腺の発達する年齢は思春期である

個人差は当然ありますが、概ね10代の前半くらいから始まるのが普通ではないでしょうか。

さて、乳腺が発達するはずの年齢の時に乳腺が発達しないとどうなってしまうのかというと、実は大人になっても胸が小さいままという事になりかねないのです。

では乳腺が発達する年齢に乳腺が発達しなかったという方は、どうして発達する事ができなかったのか気になりますよね。

では乳腺が発達しかなった場合の原因となっている事をいくつかご紹介していきましょう。


2.乳腺が発達する年齢に発達しなかった原因


2-1.過度のストレス

乳腺が発達する年齢の時に過度のストレスを感じながら成長すると、女性ホルモンが上手に分泌されなくなる事があるそうです。

その結果として乳腺の発達をする事ができずに子供の状態で成長をしてしまったというのが原因の一つとしてあげられています。


2-2.睡眠不足

成長期や思春期などの時に夜更かしなどをしてしまったりして睡眠時間が十分にとれていなかったりすると、やはり女性ホルモンの分泌がうまくいかない事があるため、十分に乳腺が成長できなかったりするのです。

受験や遊びなどで夜ふかしをするのはやめた方が良いでしょう。


2-3.過激なスポーツをしている

クラブ活動や部活だけではなく最近ではお稽古事などにも通う子供さんが増えていますよね。

実は過激なスポーツを続けていると女性ホルモンの分泌が妨げられてしまう事があるため、結果的に乳腺の発達ができずに成長してしまう事になるのだそうです。


2-4.遺伝的なもの

乳腺が発達する年齢を過ぎても発達せずに小さい胸のまま大人になってしまう人の中には、遺伝的に乳腺の発達ができないという方も多いようです。

こういう場合は自分の身内にも胸が大きい人がいないのですぐに遺伝かも、と気づくことでしょう。



いかがでしょうか、このように乳腺が発達する年齢である10代~10代後半にかけて、上記のような事が原因で乳腺が発達せずに成長してしまう事があるのです。

ご自分にも心当たりがあったのではないでしょうか。ですが嘆く必要はありません。

乳腺が発達できなかったまま成長をしたとしても、大人になってからでも十分に乳腺の発達を促す事は可能です。

後は自分のやる気と自分にあった方法を探し出す事が必要なだけなのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ