おっパイを大きくするには乳腺の成長が重要

小さいおっパイを大きくしたいのならば、太ればいいと考えている方もいるかもしれませんね。

ですがおっパイが大きいか小さいかというのは太っているとか痩せているとかはあまり関係が無いと言えるかもしれません。

実はおっパイを大きくしているのは乳腺です。おっパイが小さい人というのは乳腺が発達せずにそのまま成長をしてしまった方で、本来は思春期に発達する事ができるはずだったのに、何らかの事情によって発達することができなかった方なのでしょう。

そこで未発達のまま成長してしまった方は、乳腺の成長を促してあげると良いという事になるわけです。大人になってからでも十分に乳腺は成長する事ができます。諦める事が一番良くない事ですので、いくつかの方法をぜひ試してみていただきたいですね。


乳腺の成長を妨げているものを排除する

まず乳腺の成長を妨げているものを排除してあげないと、いくら乳腺を大きくそして増やそうとしても増えるはずがありません。

乳腺の成長を阻害しているであろう事柄をいくつかご紹介しますので、もしも当てはまるものがあればそれを改善してくださいね。


1.日常的にストレスを感じている

強いストレスを感じていると乳腺は発達する事ができないので、乳腺が成長する事は無いと思った方が良いでしょう。

ですので普段からストレスの多い生活を送っているという方は、ストレスの元となっているものを排除してストレスフリーの生活を送れるように努力をしてみても良いかもしれません。

なぜストレスが乳腺の成長を阻害するのかというと、乳腺の発達には女性ホルモンが必要不可欠なのですが、ストレスを感じると女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。

そのためストレスがあると乳腺が成長できないという事になるのです。


2.睡眠不足気味である

女性ホルモンの分泌は眠っている時に頻繁に起こると言われています。ですから睡眠時間が少ない人というのはどうしても乳腺の成長ができない状態であるため、胸が大きくないのが現状のようです。

乳腺の成長には女性ホルモンが欠かせませんから、できるだけ夜は早く眠るようにして欲しいものです。

いかがでしょうか。乳腺の成長を妨げるストレスと睡眠不足を解消する事によって、乳腺が成長する準備は整ったと言えるでしょう。

なので次は乳腺を増やす努力をする必要があるわけです。乳腺マッサージを行う事は非常に良い事なので、乳腺マッサージを行い乳腺が成長する事ができるようにしてあげれば良いのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ