乳腺が発達しない生活習慣とは?

どうしても胸が小さいままで成長してくれない。そんなお悩みでお嘆きの女性もたくさんいると思うのですが、普通なら思春期に胸は大きくなっていくものなのです。

ところが乳腺が発達せずに成長してしまった人も多くいるのはどうしてでしょうか。

乳腺が発達しないのには理由があるのです。それはほぼ全ての方が似たような環境で生活をしているからだと言われています。

例えばストレスが多い生活をしているとどうしても乳腺が発達しないという現象が起こったりするのです。

ではその他の乳腺が発達しない原因となる生活習慣についてをご紹介していきましょう。


1.日々のストレスがあると乳腺が発達しない

人はストレスの中で生きていると言っても過言ではないでしょう。

ですがせめて思春期の乳腺が発達するであろう時期にはストレスを感じないようにしたいものです。なぜならば思春期の場合のストレスは乳腺が発達しない原因だからです。

ストレスがあると女性は女性ホルモンの分泌がうまくいかず、結果的に乳腺が発達しないという状態になってしまうのです。

当然ですが発達をする機会を逃した事になるため、乳腺が発達しないまま大人になります。


2.睡眠不足になるとホルモン異常が起こり乳腺が発達しない

よく寝る子は育つと言いますが、あながち嘘ではないという事を実感しなくてはならない事もあります。

例えば乳腺が発達しない人の多くは夜型の生活をしている人が多くて、睡眠時間が不足気味だったりするようです。

睡眠時間が不足した事と乳腺が発達しない事とどんな違いがあるのかわからない。

とおっしゃるかもしれませんが、実は睡眠不足になると女性ホルモンが分泌しにくくなってしまうため、やはり乳腺は発達しないものなのです。


3.リンパの流れが悪いと乳腺が発達しない

これもよく言われる事ですね。乳腺が発達しない方がリンパの流れを改善したら乳腺が発達して大きくなったという事はよくある事です。

もちろん当たり前ですがリンパマッサージをしつつも乳腺の発達を促すマッサージもします。

そうすると発達しないと嘆いていた乳腺がどんどん増加していき、胸は大きくなっていくものなのです。

もちろん食生活の改善をしなくては乳腺脂肪が増えていきませんから、そこのところもしっかりと考えると良いですね。

最近では乳腺の発達を促すためのリンパマッサージの方法を教材として販売しているものがありますが、そうしたものを参考にしてみると良いのではないでしょうか。

特にDVDは見やすいですしわかりやすくて続ける事ができるのでお勧めです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ