乳腺の発達とおっパイの大きさの関係性

女性として生まれてきて胸が小さいというのは致命的な問題だと考える方も多いかもしれませんが、胸が小さいのはどうしてなのか?

また胸を大きくするためにはどうすれば良いのかについてを知る事ができれば、その原因となっているところをしっかりと改善してあげる事によって、いくらでも胸を大きくする事が可能なのです。

実は女性の胸は乳腺の発達と脂肪がバランスよくついている事によって大きさや形が決まってくるものなのです。

つまり胸が小さい方は乳腺がうまく発達していない可能性があるという事になるわけです。


1.乳腺の発達を妨げるのは何が原因なのか

乳腺が発達しない原因については色々とあって、一つの原因だけではなく数種類の原因が重なる事によって発達しないと考えられています。

その内の一つが肩甲骨や胸部の骨の歪みがが原因であると言われています。

肩こりで悩んでいる方の多くは、胸のハリが少なくなったと感じると言われているほど肩甲骨や胸部の骨の歪みは強く関係していると言えるのです。

もちろんそれだけではありません。ホルモンバランスも非常に重要になってきます。


1.乳腺の発達とホルモンの関係について

よく乳腺の発達は年齢によって変わってくると言われますが、実は乳腺が発達する時期に強いストレスを感じたりして精神的な重圧を感じると、乳腺の発達が阻害されて胸が成長しないまま成長するなどと言われいます。

実際に胸がまったく発達せずに大人になった女性の多くは、成長期の頃に強いストレスを感じていた時期があった事を自覚しているケースがとても多いのです。したがって強いストレスを解消して乳腺を発達させる必要がある事になります。

乳腺の発達に欠かせないのはマッサージだけではない

乳腺を発達させたいと考えているのであれば、まずはマッサージが思い浮かぶと思うのですが、マッサージは確かに乳腺の発達には欠かせないとは思うのですが、それだけでは大きくはならないものなのです。

複数の原因があるから乳腺が発達していないのですから、その原因を少しでも減らしてあげる事を考えてあげる方が建設的です。

もちろんサプリメントを利用するという事もあるでしょう。サプリメントには乳腺を大きく成長させる働きをもつものもありますので利用しても良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。胸が小さい原因が乳腺の未発達である事はおわかりいただけたでしょうか。

さらに加えるとストレスの軽減をする事にも務めると、より豊かに乳腺が発達するのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ