貧乳の乳腺を育てて巨乳になりたい

貧乳の女性は巨乳になりたいと日々努力をしていると思います。

そんな努力の中で乳腺をしっかりと発達させていますか?貧乳には乳腺を育てることが非常に重要で巨乳になるための近道です。

今回は「貧乳の乳腺を育てて巨乳になりたい」をご紹介します。


1.貧乳と巨乳の違いはコレだった!

貧乳と巨乳とで大きな違いと言えば…大きさです。

この大きさは主に脂肪の量ですが…実は、この脂肪を付けるためには乳腺が重要だったんです!

ただおっぱいに脂肪がついているのではなく巨乳の脂肪はおっぱいの中にある大切な乳腺を守る為にその周りに脂肪が付いていたんです。

ただ脂肪をとってもおっぱいへは脂肪がつかなくて身体にどんどん脂肪がついて太ってしまうのはこの乳腺が発達していなく乳腺につける脂肪がないからおっぱいへ脂肪がつかなかったんです。

貧乳の原因もこの乳腺が育っていなく脂肪がつく乳腺が少ないから巨乳にはならなく貧乳となってしまっていたんです。

貧乳から巨乳になるためには乳腺を育てることが最も大切な一つだったんです。


2.貧乳の乳腺はどうやって育てれば良いの?

貧乳のおっぱいだけに関わらずおっぱいの乳腺の栄養はどんなおっぱいでも共通で女性ホルモンが主な栄養となります。

この女性ホルモンの分泌がスムーズにいかずおっぱいの乳腺へ女性ホルモンが届かなければ乳腺は育つことはできません。

その為には身体の代謝量を上げることが必要です。

代謝を良くすることで身体に老廃物が溜まり難くなります。

老廃物が溜まって滞っているとせっかく女性ホルモンの分泌が活発でも乳腺まで女性ホルモンが届きません。

そうなってしまうと巨乳になることはできず貧乳になってしまいます。

貧乳の女性はまずしなければいけないことは代謝量を上げて老廃物を無くすことです。


3.代謝が良くなってから女性ホルモンを促進させよう

巨乳になりたい貧乳の女性は代謝量を上げてから他の巨乳になるためのおっぱい気をして下さい。

代謝が悪いと折角頑張っても、そのほとんどが無駄となってしまいます。

代謝量が上がってはじめてバストアップが可能な環境ができます。

巨乳になるための環境が整ったら女性ホルモンを活発にしましょう。

女性ホルモンを活発にさせるためには代謝を上げる方法同様運動も良い方法です。

しかし、女性のほとんどは疲れることなどは続けられずに途中で諦めてしまいます。

貧乳の女性が巨乳になりたいのであれば毎日続けることが必ず必要です。

ということは簡単で確実に効果が表れる方法が良いです。

例えば、食事での女性ホルモンの活性化がおすすめです。

いつもの食事に一品だけ女性ホルモンを活発にしてくれる食品を加えるだけで良いです。

大豆製品に含まれるイソフラボンは植物性エストロゲンと言われるほど女性ホルモンを活発にしてくれます。

また、お豆腐やお味噌などの加工食品でも効果は期待できますので簡単に取り入れて女性ホルモンを活発にすることができます。

貧乳の女性が巨乳になるためにはまずは巨乳になるための環境作り、そして毎日続けられる乳腺を育てる方法が重要なんです!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ