胸のカップとサイズを大きく!

昔の女性の胸サイズに比べれば現在の女性の胸サイズは大きくなりましたが、いまだ胸の小ささがコンプレックスという方が意外と多いようです。

現在の日本人女性の胸の平均サイズはCカップ。トップ・アンダーの大きさは14.9センチのようです。

Cカップが平均であれば充分なサイズだと思いますが、平均が大きくなったということは比較対象があるということなので、コンプレックスを持つ人が減らないというのは当然なのかもしれませんね。

そこで今回は、胸の小ささがコンプレックスになっている方に役立つバストアップ効果のあるあらゆる方法を紹介していきます。

是非参考にしてみてくださいね♪


1.胸を即大きくするには

胸の見た目を即大きくしたいのであれば、バストアップブラがいちばんです。

物理的に大きくするわけですから当然ですが、今のバストアップブラを侮ってはいけません。

以前のバストアップブラとは作りそのものがちがいます。

以前のタイプのバストアップブラは胸全体を覆うタイプのものが主で、パッドの形状もカッチリしているものばかりでした。

なので、服の上から見てもバレバレでしたし、ちょっと触られようものなら即、パッドが入っているとバレました。

形があまりにも綺麗すぎるので、いかにも「作り物」だったのです。

しかし現在のバストアップブラは、「自分の胸で盛る」タイプが主流です。

パッドは胸全体ではなく、胸の下部と脇部分だけに入っているため、盛り上がった胸の形も自然でバレませんし、下部と脇以外は自分の胸ですから触られてもバレません。


2.胸を根本的に大きくしたいなら

胸のカップとサイズを根本的に大きくしたいのなら、乳房のほとんどは脂肪でできているのですからいちばんてっとり早いのは太ることです。

しかし、「美しさ」を求めてバストアップをしたいのでしょうから、胸以外の余計な部分に脂肪はついてほしくありませんね。

そこでおすすめするのがバストアップサプリメント。

バストアップサプリにはプエラリアミリフィカという成分が配合されており、この成分は胸を発育させるホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることが立証されています。

この成分を毎日規則正しく飲むことによって胸を大きくすることができます。

効果を実感できるまでの期間も2週間程度と、その短期間さで大人気になっています。

そして、バストアップサプリは寝る前に飲むことが効果的といわれていますが、より効果的なのは「お風呂あがり」です。

お風呂に入って体が温まった状態だと摂取した成分の吸収率が良くなるので効果が出るのも早くなります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ