授乳後の可哀想な小さい胸をケアして大きくするには?

授乳後の可哀想な小さい胸をケアして大きくするにはどうすればいいと思いますか?案外知られていないようですが、基本的なことさえわかっていればおっぱいを大きくする事や元通りにする事はいくらでも可能なのです。そのケアの方法を学びましょう。

小さいおっぱいだった女性でも赤ちゃんが生まれて授乳をしている時っておっぱいが大きくなって幸せだと感じたのではないでしょうか?何だか自分が本格的に女性として魅力的だと感じた女性はきっと多いはずですよね。

ところが、授乳後の胸はどうなのかというと、形は微妙にくずれてしまったし何だか胸も前よりも小さくなってしまったのではないかと思うほど変化してしまったと思った事はありませんか?

実は全てのお母さんがこの授乳後のしぼんだ胸を見て、変わってしまったと思うものなのだそうです。
これは一体どうしてなのでしょうか?その理由についてを考えてみる事にしましょう。


女性ホルモンの分泌がなくなった

まず第一の原因はこれまで赤ちゃんにミルクを飲ませるために、最大限に女性ホルモンが働いていたのですが、授乳後はおっぱいを出す必要が無いという事で、胸も当然以前のようにしぼんでしまうものなのです。

しかも赤ちゃんに吸われたために、胸の中はスカスカな状態になったりしていますから、当然ですが左右のバランスが崩れていたり以前よりも胸が小さくなってしまったと感じる方も多いかもしれませんね。


どうすればいいのか?

せっかく大きな胸に慣れているのに元通り以上に小さくなってしまったら意味がありませんよね。そこでおっぱいを大きくする方法をいくつかご紹介したいと思います。


女性ホルモンの分泌を助ける

この方法が一番手っ取り早い方法です。でもどうやったら女性ホルモンの分泌を促す事ができるのかというと、女性ホルモンはストレスを解消する事によって分泌される事がわかっています。

それとバランスのとれた栄養を摂る事、そしてタップリと睡眠時間をとる事も重要になってきます。

これまで赤ちゃんの世話をするために睡眠時間を削ってお世話をしてきたのではないでしょうか?

それを卒業してゆっくりと毎日眠れば女性ホルモンは増えていくはずです。

血流を改善する

女性ホルモンの分泌を促せたとしても、血流が悪かったら胸に必要な栄養は届きません。なので毎日血流改善のためにストレッチをしたり体を温めたりしてみるのもお勧めです。

特にストレッチやマッサージを行う事によって授乳後のたれてしまった胸をきゅっと引き締めて上向きに若返らせる事だって可能なのです。

問題なのは何かと理由を見つけてはやらない事です。ストレッチなんてたった5分程度のものですから、できるだけ毎日続けるようにしてみましょう。やり方は簡単です。


おっぱいを大きくするストレッチ

おっぱいを大きくするストレッチは腕や肩のストレッチでもあります。この二つの場所をしっかりと動かしている内に少しずつハリのある胸を取り戻す事ができます。

呼吸法を一緒に取り入れるとより一層効果を実感する事ができるはずなので、毎日肩や腕をしっかりと動かしてみてくださいね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ