短期間で胸を大きくする方法とは?

「短期間で胸を大きくする方法」というのは、非常に多く検索されるキーワードです。

それだけ胸の小ささをコンプレックスに思い悩んでいる方が多いという証拠ねのでしょう。

みなさんは短期間で胸を大きくする方法といったらどんな手段が思いつきますか?

“短期間”というのはどのくらいの期間のことをいうのか曖昧ですが、より短期間であればあるほど良いということでしょう。

ここでは、短期間で胸を大きくするさまざまな方法をまとめています。

是非参考にしてみてください!


1.豊胸手術

豊胸手術はヒアルロン酸・脂肪注入やシリコンバッグを胸に入れる手術です。

豊胸術はたくさんの種類があるので、それぞれのバストアップ効果と持続期間を紹介してみたいと思ます。

【ヒアルエイド】

  夏のシーズンなどのイベント時のときだけバストアップしていという場合に最適です。
  最近注目されているプチ豊胸のほとんどはこのヒアルエイド注入のことを指します。
  持続期間は約半年間と短いですが、軽い気持ちで出来る豊胸手術として人気です。
  料金もリーズナブルなのが魅力です。
  昔の概念では、豊胸手術といったら数百万円費用がかかると思われていましたが、
  プチ豊胸は10ccあたり約4万円と、少しお小遣いを貯めればできちゃう豊胸手術なのです。
  
  ずっと効果を持続させたいのであれば、おすすめなのは医療バック挿入。
  何カップでも大きくできるのが魅力です。
  こちらは料金が50万円くらいかかりますが、持続期間は半永久です。


2.バストアップブラ

バストアップブラといったら「詰め物をしているだけでバレバレ」と思われるかもしれませんが、最近のバストアップブラは服の上からは全くわかりません。

昔のバストアップブラは形が不自然になってしまっていたので服の上から見てもすぐわかるくらいでした。

しかし今現在のバストアップブラは胸の下部分にパットが入るものですから自分の胸のボリュームが出ます。

昔のバストアップブラはパットで盛るもの、今現在のバストアップブラは自分の胸で盛りますから胸の谷間も自然にできますよ。


3.サプリメント

女性の身体の中には、身体を女性らしく形成するためのホルモンがあります。

その名をエストロゲンといいます。

このホルモンは初潮を迎えたころから活発に分泌されるようになり、出産・加齢などの原因で衰えていきます。

初潮を迎える前と50代を過ぎた女性というのは女性らしさがあまりありませんよね。

エストロゲンは女性の象徴といえるホルモンだということですね。

美容という観点からみるとかなり重要なエストロゲンですが、実はプエラリアミリフィカで代用できるのです。

プエラリアミリフィカを補給することは、バストアップにかぎらず身体も女性らしい色っぽさが出てきます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ