胸が小さいのはホルモンのせい?改善すれば望みはあるの?

胸が小さいのはホルモンのせい?もしもそれを改善する事ができたらおっぱいを大きくする事ができるのでしょうか?もしもできるとしたらそれはどうやってやったらいいのかを調べてみました。もしかしたら思っていたよりもバストアップができるかも?

胸が小さい事で悩んでいる女性はとても多いです。特に思春期くらいの年齢の女性でも、やっぱり女性として生まれたのだからおっぱいは小さいよりも大きくなってくれた方が嬉しいと感じるものです。

ですが実際には成長が止まってしまったと感じている人の方が多いのは事実です。

そこで胸が小さいのはどうしてなのか?という疑問と、ホルモンのバランスが関係しているらしいというお話から、この二つの関係についてを調べてみる事にしました。


胸が小さいのはホルモンのせい?

皆さん女性に生まれたのですから、子供の頃に大きくなったらおっぱいが大きくなるんだなという漠然とした期待というものを持っていませんでしたか?もしかしたらその逆で「おっぱいが大きくなったら邪魔だろうな」などと思った方もいるかもしれませんね。

ですが実際に思春期になっても何も変化がなく胸が小さいという悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃるのです。

よく胸が小さい原因はホルモンが関係しているという話を聞いた事がありませんか?実は女性らしい身体のラインなどを作り出すのには、女性ホルモンというホルモンというものが必要になるのです。


女性ホルモンの働き

女性ホルモンの働きは色々とあって、何も胸を大きくするだけが女性ホルモンのお仕事ではありません。

例えば月経を起こすのも女性ホルモンの働きが強く関係していて、女性ホルモンの分泌によって赤ちゃんを産める体になり、出産後に赤ちゃんに栄養を与えるという働きもあるのです。

そして女性ホルモンは女性の精神状態を安定させる事もできます。ところが強いストレスなどによって女性ホルモンが分泌されないとバランスが崩れていきます。

その結果、胸を大きくする事ができなくなってしまうわけです。ではどうすればいいのでしょうか?


ホルモンのバランスを改善する

女性ホルモンの分泌が妨げられている状態だと、いくらおっぱいを大きくする方法を実践しても大きくするのは難しいかもしれません。

なのでまずはホルモンのバランスを改善してあげる必要があるのです。

まず強いストレスはホルモンの分泌を一番悪くしてしまうので、毎日感じているストレスを軽減してあげるようにしてみましょう。そうすれば女性ホルモンの働きも活発になっていくはずです。


よく眠る事

インターネットの普及、そしてスマホの普及によって多くの方々が夜型になってしまっているようですが、実は睡眠不足は女性ホルモンの分泌を著しく妨げる事がわかっているので、できるだけ夜は決まった時間に眠るようにしましょう。

夜何時に横になって何時に起きるといった習慣をつけておく事によって、ホルモンの分泌のバランスを改善する事ができます。


ホルモンのバランスを保つためには

最後に女性ホルモンの分泌が関係しているというために、女性ホルモンを分泌させるサプリメントなどを飲んだらいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、サプリメントに頼るのはちょっと待ってください。

実はサプリメントは良し悪しです。逆に最近ではサプリの危険性についても噂になっていますので、できるだけ自然な形でおっぱいを大きくする事ができるように考えてみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ