胸が小さい理由は人それぞれ!でも全て大きくする事はできる

旨が小さい理由は人それぞれ!そんな事はわかっていますが、おっぱいを大きくする方法も同じように数限りなくあると言われています。問題なのはいかに原因を排除できるかという事なので、どんな方法があるのかや原因についてを調べてみました。

子供の頃は皆がペチャパイなのであまり気にもとめませんが、思春期になってくると人によって成長に差が出てくると言われていますよね。その事自体は別に不思議な事でもなんでもないので当たり前の事だと思っていますがどうも納得ができない事もあります。

それは胸の大きさです!例えばAちゃんはとてもグラマラスで、中学生くらいから男子にも女子にもおっぱい大きい!と有名でした。ところが自分の胸は全く成長の兆しが見えないとなると悩んでしまいますよね。


胸が小さい理由とは一体?

胸が小さい理由は色々とあって、その人の育ってきた環境もかなり影響を及ぼしますし、さらには遺伝的な要素なども含まれているかもしれません。

いくつか胸が小さい理由となりうる事をピックアップしていきましょう。


小さいころからスポーツをしている

まずいちばん多いと考えられているのが、子供の頃から動く事が大好きでスポーツを欠かさなかった。

中学生くらいになってからは部活動に勤しんでいたというケースでは、胸が大きくなる事はあまり多くはないようです。邪魔ですからね。


思春期の頃に強いストレスがあった

次に小さいころから両親の期待を背負って頑張ってきた!とか自分では気づかなかったようなストレスを感じていたりすると、成長ホルモンの分泌に異常が出て胸が小さい理由になると言われています。

つまり本来は大らかな気持ちで成長しなくてはならないのに、そういう気持ちではない切羽詰まったような生活を送っていたりすると胸が大きく成長しないというわけですね。


好き嫌いが小さい頃から多かった

子供の頃は好き嫌いの一つや二つくらいはあって当然ですが、中にはほとんどの食べ物を好き嫌いがひどくて食べられないという方も多いので、そんな場合にもやはりホルモンのバランスが崩れてしまいやすいため、結果的にこれが胸が小さい理由になったりするのです。


どちらかというと夜型

最近は中学生くらいだったら皆もうスマホなどを持っている事が多いですよね。

スマホやパソコンなどの普及によって、いつでもどこでもつながれるという利点があるのと同時に、慢性的に睡眠不足になってしまったりするのだそうです。

実は女性ホルモンの分泌というのは眠っている間にも放出されています。でも睡眠時間が極端に短い場合にはホルモンが分泌されずバランスを崩してしまう事になります。

そうなると当然ですが胸が大きくなる余裕が無いという事になるのです。このように胸が小さい理由は人によって色々とあるものなのです。


理由がわかれば大きくできる

これらの他にも細かくすると色々と理由があるものですが、とりあえず代表的なものをご紹介してみました。

でも理由がわかればおっぱいを大きくする事は十分に可能であるという事もわかりました。後は毎日自分ができる範囲で続けていけば良いというだけです。頑張って胸を大きくしてみませんか?

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ